ウィガッタ

ヘッポコ情報誌ディレクターが綴る、ものすごくタメにならない、まったく業務外の出来事
<< ラバーソールとヒップホップ。 | main | コーヒー党+甘党。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
安息の地はいずこへ。





更新が遅れましたね、かなり。

そんなんしらーんもーん

エヘ☆










ごめんなさい、調子のりました



ちょっと今回は万人向けなネタではないかもです。ごめんなさい。

mixiにはいろんな芸能人、タレント、有名人の方がいます。
メディアでは見せないような顔を見せてはる人もいます。

先日、某エンターテインメント企業の某氏をみつけました。
あまり確信にふれると煽ることになりますので、アレですが、その方はmixiで仕事のことはもちろん、家族のこと、仲間のこと、メシのこと(笑)など、メディアではみせない「素」の顔をみせてらっしゃいました。

彼が手がける事業の一つでちょっとした問題があり、メディア(多くは直接関係ない一般人)に叩かれることになってしまいました。

その問題が勃発した直後、それとは関係ないmixiの日記の文面がメディアに流出することがあり、その後mixiを退会することを宣言してしまいました。

その方にとってmixiは落ち着ける場所であったようです。普段ものすごく多忙な方で「mixiでは素でいられる」というようなこともおっしゃってましたし。僕は直接絡みはなかったのですが、すごく残念なことです。そら自分の誕生日に、他人から全然関係無い詰問メッセージがきたらイヤでしょうね…

僕も1ユーザーとして、最初から思っていたことですが。

ヴァーチャルとリアルの

混同がすごく怖い

現に少し被害にもあったこともあります。


人によって使い方は様々なので、今回のようなケースに「きにしなきゃいーじゃん」と思われる方がいるのも当然だと思います。ただ「SNS=ソーシャルネットワーキングサービス」というぐらいですから、もう少し相手のことを思いやる、人として成熟した人たちに集まってほしいものだ、とヘビーユーザーとして切に思いました。


今回の某氏には、こっそり戻ってきてほしいものです。




追記/
この記事を書くために、検索をしてみた。出るは出るは、ワッサワッサ。
そこでお願いなのですが、この記事はmixi、SNSのあり方について書いたものです。
どちら側の擁護をするつもりもありません。
もしコメントをのこして頂けるのでしたら、渦中の人物の実名、会社名、騒動のもととなっている商品名など、固有名詞の使用は控えていただけますよう、お願いします。
勝手を申してすみません。
| お知らせ | 03:24 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 03:24 | - | -
comment
write comment









trackback URL
http://pees.jugem.cc/trackback/138
trackback
SNSにハマった
最近SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)をやる時間が増えている。やればやるほど面白いみたいだ。僕はライブドアのフレンドパーク派になった。巷ではmixiが人気で僕もやってるけど、あそこはどーも好きになれない。嫌いではないけど。なんか自分には色が合わな
| フリーペーパー&ネット広告代理店の社長ブログ | 2005/10/19 1:46 PM |
new entries
category
archives
track back
link
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス